医療ブログ

RPR

文責:田中 / 2020年5月10日

この度、メディカルパーク湘南がPRP療法の実施可能施設として、厚生労働省から施設認定されました。PRP療法は難治性不妊症や、子宮内膜菲薄化(子宮内膜が薄くなる状態)によって、着床障害を起こしている患者さんに対する治療法として期待されている再生利用の一つです。これから数回に分けて、このPRP療法について解説して行きます。

PRP療法とは?
PRP(:Platelet Rich Plasma)療法とは、「多血小板血漿」療法と言われるもので、血液中の血小板に含まれる成長因子を利用し、治癒力を高めることでケガや病気の治癒を促す再生医療です。血小板は、出血を止める作用を担う血球成分ですが、止血作用以外に、細胞増殖や血管形成を促す様々な成長因子を含んでいます。それらが血管の損傷部位に直接働きかけて細胞増殖を促進し、修復機能を高め、自然治癒力によってケガや病気を治療するのです。PRP療法とは、患者ご自身の採血された検体を、特殊な方法で血小板だけを抽出・濃縮して、様々な治療に利用するという方法です。
ちょっと前に、大谷翔平選手が右肘を故障した際に、PRP療法を行ったというニュースが話題になりました。日本でも、しわ取りなどの美容皮膚科領域、難治性皮膚潰瘍・やけどなどに対する再生医療、プロスポーツ選手の怪我や故障の治療など、様々な領域で使われており、その人個人の血液由来の成長因子を用いた新しい再生医療として注目されています。

② 不妊治療への応用
2015年に中国から画期的な論文が発表されました 。彼らは体外受精を行いながらも、子宮内膜が常に7mm以下で薄過ぎるために、移植キャンセルを繰り返している患者名に対して、このPRP療法を試みました。すると、PRPの子宮内腔への注入後、48~72時間で、5名とも子宮内膜の厚みが1mm以上厚くなったのです。さらに、驚くべきことに、5名全員が妊娠したというのです(うち、一人は流産)。その後、世界各地で、同様の治療が行われるようになり、その有用性が認められつつあります。
ここに、一つのデータを出します。これは2017年のイランのグループが発表した論文の引用です 。彼らも、やはり子宮内膜厚が7mm以下の症例を10例集めて、同様にPRP注入を試みました。すると、図のように、10名全ての症例で子宮内膜が厚くなり、このうち4名(40%)が妊娠したという結果を報告しました。

メディカルパーク湘南にも子宮内膜が薄いがために、折角の凍結胚を移植することが出来ずに、苦労されている患者さんが沢山います。そうした患者さんにとって、PRPの子宮内注入療法は朗報となるはずです。しかし、このPRP療法は再生医療に位置づけられるため、厚生労働省の厳正な審査を経ないと認可されず、この申請に随分時間を費やしました。この度、晴れて、認可が下りたので、この場でご報告させて頂きました。

次回は、もう少しデータを掘り下げて、このPRP療法の効果についてご紹介したいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

i Chang Y et al. Int J Clin Exp Med. 2015
ii Zadehmodarres S et al. JBRA Assisted reproduction. 2017