不妊治療

当院のご紹介

培養室より

培養室のご紹介

こちらは検査室。
精液検査、人工授精・体外受精の準備など、患者様からお預かりした精液を処理する場所です。
こちらにあるSMASと言われる機器は、顕微鏡から精子の動きや泳ぐ状態を取り込み、精子量、直進運動性などをデータ化します。

SMAS
検査室

こちらはお預かりしている卵を扱う場所です。
4台のクリーンベンチで顕微授精や卵の観察を行っています。
顕微授精には高い技術と経験が必要です。当院では経験を積んだ3人の培養士だけが顕微授精に携わっています。

培養室

培養器は子宮の中の環境を再現するため、温度、湿度、phの徹底した管理が必要です。
受精卵はおひとり分ずつ個別に管理できる培養器に入れられます。
従来の冷蔵庫型の大きな培養器は、扉をあけるごとに環境が微妙に変化していましたが、個別培養により開閉による影響を最小限にすることが可能です。

培養器

培養士外来について

すでに治療を始めている方、これから治療を始められる方、培養士が体外受精の概論や胚の評価などの疑問にお答えします。
培養士外来は毎週金曜日です。
インターネットからご予約可能です。

培養士外来のご予約はこちら

培養士外来IMAGE

胚培養士のご紹介

私たち培養士は、患者さまと直接お会いする機会がほとんどない部署となります。
しかし、皆様からお預かりした卵子、精子、受精卵を大切に培養・保管するために日々業務に励んでおります。
体外受精に関する治療で何かわからないことがございましたら、お気軽にお声かけください。

主任 安澤 圭昭

主任 安澤 圭昭

渡辺 翔太

渡辺 翔太

種市 友三恵

種市 友三恵

関口 恭平

関口 恭平

吉田 玲実

吉田 玲実

村上 友里奈

村上 友里奈

植原 夏生

植原 夏生