不妊治療

内視鏡手術と不妊治療

子宮鏡手術

子宮鏡手術IMAGE

*イラストは腹腔鏡手術を同時に行っていますが、通常の子宮鏡手術では腹腔鏡は使いません。

お腹を切開せず、着床の妨げになるポリープなどを切除
子宮内宮に3~5mm程度の太さの内視鏡カメラを入れて、子宮の中に突出した粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープなどを電気メスなどで切除する方法です。手術後の痛みもほとんどありません。
麻酔科医師管理のもとに全身麻酔で手術を行います。
子宮鏡手術は腹腔鏡手術に比べると、圧倒的に短時間で終わる場合が多いです。
当院で手術を受けられる方の50%は他院からの紹介となっております。

子宮鏡手術の合併症として、一般的な手術合併症である感染リスクのほか、非常にまれですが子宮穿孔(子宮に穴があいてしまうこと)や、腸管などへの熱損傷などがあげられます。

当院では一般不妊検査の中に子宮鏡検査を取り入れています。
子宮内腔に病変が発見される頻度は10~15%と高くなっています。

入院期間

2~3日間

適応疾患

子宮筋腫(粘膜下筋腫)

粘膜下筋腫はどんなに小さくても手術の対象となります。

子宮内膜ポリープ 

子宮内膜ポリープは着床の妨げになることがありますので、子宮鏡下で切除します。
術後は避妊期間の必要はなく、すぐに妊娠可能です。

子宮奇形

中隔子宮で流産しやすい傾向がある時は、子宮鏡で手術を行います。

このページの先頭へ

妊活セミナー参加者募集

スタッフ募集

初診の方はお電話で予約のうえ、ご来院ください。
診療予約
インターネットご予約方法(PDF) »

初診の方へ 問診票(PDF)
こちらの問診票をダウンロードして事前にご記入いただいたものをお持ちいただくと受付がスムーズに行えます。

体外受精説明会

ケアシスパーク愛川

当院ではクレジットカードでのお支払いが可能です。
利用可能クレジットカード

当WebサイトはGRED Web改ざんチェックによって安全監視が行われています。

当WebサイトはSSLサーバー証明書を利用して個人情報を保護しています。