産科

HOME産科 >無痛分娩とは

無痛分娩とは

無痛分娩IMAGE

無痛分娩とは、麻酔薬を使って陣痛や分娩時の痛みを軽減して出産する方法です。
当院では硬膜外麻酔による無痛分娩を実施しています。原則的に計画分娩となります。

硬膜外麻酔とは?

背中に細いチューブを硬膜外腔という部分に挿入して麻酔薬を注入し、下半身の痛みを和らげます。
意識ははっきりしていますので、赤ちゃんが降りてくる感覚やお腹が張る感じはわかり、「自分で産んでいる」という満足感が得られます。

メリット

  • 分娩に対する不安や恐怖感、陣痛の痛みからくるストレスが軽減され、心身ともに落ち着いた状態で分娩に臨むことができます。
  • 分娩時の体力の消耗が少ないので、産後の体力回復が早くなります。
  • 緊急時は、そのまま帝王切開が可能です。すぐに手術の麻酔に移行でき、速やかに手術を行えます。

デメリット

  • 麻酔の影響で、軽度の血圧低下を起こすことがあります。
  • 陣痛が弱くなり、分娩時間が長くなることがあります。
  • いきみの力が弱くなり、吸引分娩や鉗子分娩になることがあります。

無痛分娩のスケジュール

無痛分娩日の決定

当院では、3日/週(火・木・金)勤務している麻酔科医が麻酔のチューブを挿入いたします。そのため、麻酔科医師が勤務している曜日に合わせて、陣痛誘発剤を使用した計画分娩を行うことになります。日程は、産科医師が診察を行い子宮口の成熟度(分娩が近づいているか)を評価し決定いたします。子宮口が成熟していない状況で計画分娩を行っても陣痛誘発剤に反応せず、分娩に至らないことが多いためです。

※無痛分娩は24時間対応ではありません。
麻酔科医が不在の曜日や時間帯に分娩が進行し入院された場合は、自然分娩での対応となります。

前日 午後

入院
・子宮口を開くための処置を行います。

当日

  1. 硬膜外腔に麻酔の薬挿入用の柔らかいチューブを挿入します。
    • 挿入部には細い針で局所麻酔をします。強い痛みはありません。
  2. 陣痛誘発剤を使い、陣痛を起こします。
    • 最初のうちは、陣痛を少し我慢してください。
      陣痛が強くなり、子宮口の開きが初産婦の方で5~6㎝、経産婦の方で4~5㎝になった時点で、麻酔薬の使用を始めます。
  3. 分娩
    • 硬膜外麻酔は痛みはとりますが、感覚は残ります。分娩の時はいきむことができます。
      ※麻酔薬の効果には個人差があります。
  4. 分娩後、麻酔用のチューブを抜きとります。
    • 分娩後の子宮収縮の痛みや会陰の傷の痛みには、内服薬で対処いたします。
    • 例外的に帝王切開になった場合は、1~2日間チューブを挿入したまま痛み止めとして使用する場合があります。

※当日の夕方になっても分娩が進行しない場合は、陣痛誘発剤の使用を一度中止します。
翌日もう一度、誘発剤を用いて無痛分娩に臨みます。

※残念ながら2日間で有効な陣痛がつかなかった場合は、微弱な陣痛が続くことによる胎児へのストレスなどマイナス面が大きくなることが考えられるので、分娩は中止とし、麻酔用のチューブを除去します。

※その後は日をあけての計画分娩、陣痛待機、帝王切開等をご相談させていただきます。
原則として、再度の無痛分娩は行いません。

このページの先頭へ

スタッフ募集

初診の方はお電話で予約のうえ、ご来院ください。
診療予約
インターネットご予約方法(PDF) »

初診の方へ 問診票(PDF)
こちらの問診票をダウンロードして事前にご記入いただいたものをお持ちいただくと受付がスムーズに行えます。

体外受精説明会

培養士外来予約

Facebook

ケアシスパーク愛川

当院ではクレジットカードでのお支払いが可能です。
利用可能クレジットカード

当WebサイトはGRED Web改ざんチェックによって安全監視が行われています。

当WebサイトはSSLサーバー証明書を利用して個人情報を保護しています。