ドクターズブログ

HOMEドクターズブログ > 帝王切開硬膜外麻酔

帝王切開硬膜外麻酔

2019年9月02日

帝王切開後の痛みが以前より和らいでいます。

産科の岸田です。

従来、当院の帝王切開の麻酔は腰椎麻酔のみで、手術後にお薬の効果が切れると、他の鎮痛薬を使って痛みをとるしか方法がありませんでした。

現在は、腰椎麻酔に加えて、手術前に局所麻酔をして、とても細いチューブを背中に入れる硬膜外麻酔を併用しております。

この細いチューブから、手術中にも痛み止めを追加することができますし、手術後に部屋に戻ってからも痛み止めのお薬が、自動的に持続的に注入されます。

それでも痛みを感じたときには、ナースコールを押すことなく、ご自身がスイッチを押すだけでお薬を投与できる「PCAポンプ」という 自己調節鎮痛法を取り入れております。

手術後の痛みのみならず、お母様の術後回復が、従来の方法に比べて飛躍的に良くなっており、赤ちゃんのお世話も出来ています。

前に帝王切開した方は、その時よりとても楽だったとおっしゃっています。

このページの先頭へ

スタッフ募集
初診の方はお電話で予約のうえ、ご来院ください。

診療予約
インターネットご予約方法(PDF) »

初診の方へ 問診票(PDF)
こちらの問診票をダウンロードして事前にご記入いただいたものをお持ちいただくと受付がスムーズに行えます。

体外受精説明会

培養士外来予約

Facebook

当院ではクレジットカードでのお支払いが可能です。
利用可能クレジットカード