院長ブログ

HOME院長ブログ > てっぺん目指せ!

てっぺん目指せ!

2020年1月15日

院長大変です。アメーバブログの閲覧数が赤丸急上昇です。全国順位が812位まで上がっています。

聞けば、私がホームページに載せていた個人的な戯言を、職員がご丁寧にアメーバブログにコツコツ毎日アップしていたらしく、その閲覧数が凄く伸びてているらしい。狙っていたものでは無いとはいえ、自分の書いた文章が世間で読まれている実感を持てるのは嬉しいことです。でも今の順位を聞いてしまうと、黙ってはいられません。こうなったら当然もっともっと高みを見てみたい。812番ってことは私の上にまだ800人以上もいるってこと。私自身はアメーバブログへのアップの仕方も閲覧の仕方も分からないのですが、何せ、第二次ベビーブームの競争社会で生きて来た性で、「順位」とか「順番」とかいう言葉に過敏に反応してしまうのです。2020年、新たな目標が出来ました。一番を目指します。ではてっぺんを取るにはどうするか。戦略を練ってみました。
① ライバルのリサーチはしない。
恐らく、それでメシを食べているような「トッププロガー」と言われる人々は相当の文章のテクニックを持っているものと思われます。彼らの記事を読めば相当勉強になると思うのですが、そうすると、私の個性が埋もれてしまう。ここは敢えて唯我独尊。我が道を行くために、競合のリサーチは厳に戒める。
② ターゲットを絞る。
例えば、朝日新聞や毎日新聞が、これほど世間から忌み嫌われても、潰れずに残っているのは、「日本を貶めたい」、あるいは「日本という国が大嫌いだ」、と考えている人々を、訴求対象として明確に絞っているからです。吾輩も読者層を絞らなければなりません。具体的には、不妊に悩む女性、あるいは子育て世代のお母さん。ポンコツの旦那さんに辟易している主婦の方、反抗的な我が子より、素直で従順なペットに愛情を注いでしまう男性陣。いうなれば、「医療業界からやってきた綾小路きみまろ」的なポジションを狙う。
③ 頻回の更新。
やっぱり一番大事なことはこまめに更新していくことでしょう。週1回の更新を絶対に欠かさないことを自分自身に課す。実は、「週イチの更新」には他の目論見もあります。私のブログを読んだ職員は皆、口を揃えて絶賛してくれます。「院長、これ文春とか、全国区の週刊誌での連載、全然行けるんじゃないですか?」と言ってくれる人もいます。でもあーいうのって締め切りが怖いじゃないですか?だから、週1回の更新がしっかり出来る習慣がついていれば、連載のオファーが来た時にも慌てずに対応できるはず。
④ 自分を信じる。
Self-confidence、自分を信じることがとても大事です。例えば、妻は職員と真逆な事しか言いません。「職員のおべんちゃらに乗せられた裸の王様。」「忖度にすら気づけない鈍感男」「おだてられて木に登るのは勝手だけど、その木が折れてケガしても自業自得だからね」等々・・。こういう愚かな意見に対しては、丁寧な無視が一番良い。

2020年のオリンピックイヤーですが、戦いは、観戦するより参戦する方がずっと面白い。アメブロ界の金メダル目指して頑張ります!

このページの先頭へ

スタッフ募集

診療予約

初診の方へ 問診票(Web)
こちらから問診票にご入力いただくと受付がスムーズに行えます。

体外受精説明会

培養士外来予約

Facebook

当院ではクレジットカードでのお支払いが可能です。
利用可能クレジットカード